記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Marvelous Designer

Steamの安売りの時にMarvelousDesignerを買った。Steam版でも機能は変わらないらしく、快適に使えています。型紙から服を作るのだけど、こんなモデリングの方法があるのかと感心する。型紙からと言うとちょっと難しい感じがするけど、そんなことはなく適当に図形描いて縫い合わせるだけでちゃんと服になります。めちゃくちゃ簡単です。布をぐいぐいひっぱって形を整えてく感じがいい。アバターはオリジナルのモデルをインポートし...

続きを読む

水着(SketchFab)

SketchFabに女の子の3Dモデルをアップしました。ぐりぐり動かして見てね。 girl by sakana0147 on Sketchfab...

続きを読む

ポーズ付け

ハイポリを焼き込んだローポリを作ったのはSketchFabにアップするのが主な目的。あとはUnityとかのエンジンで使うこともあるかもしれない。houdiniでポーズ付け。Substance Painterで再度テクスチャを適用。テクスチャのずれとかいろいろ問題が出るので調整。...

続きを読む

ローポリにハイポリをベイク

Substance Painterでローポリモデルにハイポリモデルをベイクします。つまりハイポリに見えるローポリをつくります。ローポリモデルを用意します。ZBrushで細部をスカルプトします。尻。髪も。作業が終わったら、ハイポリモデルをobjで書き出します。Substance Painterでローポリモデルを読み込み、ベイクの設定でハイポリモデルを指定し、「Bake ~ texture」をクリック。このように、ノーマルマップが生成され、細部が焼き込ま...

続きを読む

Principled Shader

Houdini16からPrincipled ShaderがHoudini標準のマテリアルになったようです。HoudiniでマテリアルといえばMantra Surfaceでしたが、パレットから消えてしまいました。(classicシェーダーに名前が変わった。/matで使うことができる)Principled ShaderはMantra Surfaceと機能はほとんど変わらないですが、Substanceなどで作ったPBRテクスチャを使うことができます。まずPrincipled Shaderでちゃんとした結果を出すには、AreaLight...

続きを読む

自転車

自転車。なんかいろいろやってたわりには、結局何も記事書いてなかった。...

続きを読む

Houdiniのリグ(2017) 5.キャプチャ

○ボーンキャプチャキャラクターオブジェクトがボーンで変形するように、セットアップします。このことをHoudiniではキャプチャといいます。キャプチャはHoudini16でだいぶ変わっています。こちらの記事も参考にしてください。http://sakana0147.blog53.fc2.com/blog-entry-915.htmlRiggingタブの「CaptureGeometry」をクリック。まずキャラクターオブジェクトを選択してEnter。次にセットしたい一番上の階層のボーンなりnullなりを...

続きを読む

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。