次のやつ

mask_1_01.jpg

製作中。画像いろいろ。

mask_1_03.jpg

mask_1_04.jpg

おねえさん。この人が変身するとかではない。

mask_1_06.jpg

mask_1_07.jpg

mask_1_08.jpg

スリット。

pic_a02_s.jpg

クリックで拡大。

HoudiniのFluidをLightwaveでレンダリング



少し前に公開したテストムービー。

水はHoudiniのFluidで作って、Lightwaveでレンダリング。
Houdiniで連番objを書き出して、それをLWで読み込んでいます。


fluid_3_01.jpg

HoudiniのFluidで作った海。表示はパーティクル。

fluid_3_02.jpg

「○○_fluid」と名前の付いているのがFluidを表示させるノード。
これをダブルクリック。

fluid_3_03.jpg

「surface_cache」というノードを表示させます。

fluid_3_04.jpg

こんな感じの表示になります。おそらくこれが最終的にレンダリングされる形状です。

fluid_3_05.jpg

Tabキーを押して、「ROP Output Driver」というノードを選択。

fluid_3_06.jpg

これを「surface_cache」に接続。

fluid_3_07.jpg

設定画面の「Valid Frame Range」を「Render Frame Range」にします。

Output Fileに連番objの保存場所を設定します。
例だと「water_$F3.obj」としてありますが、$F3は3桁の連番で保存するという意味です。
「water_001.obj」「water_002.obj」と保存されます。

設定が終わったら「Render」を押します。

fluid_3_08.jpg

保存が行われます。

fluid_3_09.jpg

保存場所にはこのように連番オブジェクトができています。


○ Lightwaveで読み込み

fluid_3_10.jpg

Lightwaveのレイアウトで、一番上の「water_001.obj」を読み込みます。

fluid_3_11.jpg

このオブジェクトを選択して、プロパティを開き「ジオメトリ」タブの「オブジェクト置き換え」を「Object Sequencer」にします。
これで連番のobjが読み込まれます。

fluid_3_12.jpg

タイムラインを動かすと波がアニメーションします。

ここまではいいのですが、困った事にサーフェイスの設定ができません。
モデラで一つ一つobjを読み込んでサーフェイス設定することもできますが、あまり現実的じゃありません。

何かいいプラグインがないかと探しましたが、こちらにありました。

http://www.clintons3d.com/plugins/lightwave/

ページの下の方に行って、「Sequence Object Surface Loader python script」をダウンロード。

pythonスクリプトですが、これを実行する前に準備が必要です。

fluid_3_13.jpg

レイアウトの画面内に水の質感を設定したダミーのオブジェクトを置きます。形はなんでもいいです。

fluid_3_14.jpg

で、「ユーティリティ」タブの「Python」を押し、「sequence_surface_loader.py」を読み込みます。

fluid_3_15.jpg

「copy surface from」にサーフェイスを設定したオブジェクトを指定。
「sequenced object」に連番オブジェクトを指定。OKを押す。

ものによっては結構な時間がかかります。



すべてのオブジェクトにサーフェイスが適用されました。

fluid_3_17.jpg

レンダリング。

HoudiniでFluid


Houdiniで、てっとり早くFluidを試す。

fluid2_01.jpg

球を作る。

fluid2_02.jpg

「Rigid Bodies」タブの「Ground Plane」を押す。

fluid2_03.jpg

地面ができる。(この地面にはStatic Objectが設定されている)

fluid2_04.jpg

球を選択して、「Particle Fluid」タブの「FLIP Fluid from Object」を押す。

fluid2_05.jpg

準備完了。下の再生ボタンを押す。

fluid2_06.jpg

バシャ。

地面は無限平面らしい。

fluid2_07.jpg

レンダリング。

まあ、これだといまいち面白くないので障害物を追加してみる。

fluid2_08.jpg

ボックスを追加。

fluid2_09.jpg

ボックスを選択して、「Rigid Bodies」タブの「Static Object」を押す。

fluid2_10.jpg

再生する。



まあこんな感じです。


fluid2_11.jpg

レンダリング。



新作アニメ


新作ムービーをアップしました。



「重機さん」 Vol.1

音楽:propanmode
効果音:無料効果音で遊ぼう!/無料効果音



「重機さん」 Vol.2

音楽:propanmode
効果音:無料効果音で遊ぼう!/無料効果音、効果音ラボ、ザ・マッチメイカァズ



3Dアニメ作ったのは3年ぶりくらいかも。
まあ一部に3Dってのは何本か作ってますが。キャラクターまで3Dなのはほんと久々。

てか話有りで全部3Dって初めてかもしれない。

基本はLightwave。砂や水はhoudiniを使っています。


sc1_01.jpg

sc1_02.jpg

sc2_01.jpg

sc2_02.jpg


もうね・・ほんと大変だったよ。

他のもちょこちょこやってはいたけど、半年くらいかかったし。(-_-;)

やっぱりFlashムービーは楽でいいよ。最近Flashは締め出しくらってるけどさ。


vegas01s.jpg

あと今回は最終的な編集をVegas Pro 12でやりました。
去年末にセールで5000円(!)で買ったやつです。

これがすごく使い勝手が良くて驚いた。元のお値段はそれなりにするから当然かもしれないけど。
先月あたりも安売りしてたし、安かったら絶対買い。

てかさ、最新版は知らないけど、プレミアが使い辛いんだよ。(-_-;)

プロフィール

Author:鱒木
鱒の屋の人

3Dギャラリー
ムービー

YouTube(鱒の家Ch)
vimeo

twitter

カテゴリ
UV (4)
LWCAD (4)
UV (1)
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
タグ

unReal 3Dアニメ リグ plg_IK FiberFX 謎キャラ joint ボーン LW9.6 UV ノード編集 HyperVoxels タカアシガニ Dielectric Omega KDP rig PSD_Export メカ photoshop キャラクター softFX ZBrush 柱上変圧器 背景 Illustrator 爆発 HardFX OGO_Taiki PX_PoLift Instance HD 質感 plg_make_uv_edit ClothFX C_Worm_Lt 

最近のコメント
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
販売中
最新ムービー
ブログ内検索
RSSフィード
 


paperwhite-assoc-d-JP-120x150.gif
Kindle Paperwhite