サーフェイスベイキングカメラ

unity_model_5_01.jpg

背景というか舞台になるプール。
簡単にテクスチャを描いてあるが、物足りないのでラジオシティでレンダリングしたものをベイクする。

unity_model_5_02_.jpg

UV。ベイクするのにUVは必要です。配置は被らないように。
Lightwaveならアトラスでやればいいかな。

unity_model_5_03.jpg

ラジオシティを設定してレンダリングしてみる。
これをベイクします。

unity_model_5_04.jpg

カメラ設定。「サーフェイスベイキングカメラ」にする。
縦横は正方形になるように。

「メッシュ」はベイクするオブジェクトを指定。
「UVマップ」はUVを。

unity_model_5_05.jpg

レンダリング結果。

unity_model_5_06.jpg

これをテクスチャ画像に指定する。まあ、そのままってわけにいかなくてPhotoshopで修正はしたけど。

unity_model_5_07.jpg

さらに水のゆらゆらを作ってベイクする。

unity_model_5_10.jpg

Photoshopで調整して、テクスチャ完成。

unity_model_5_09.jpg

Lightwave→Unity(5)

○トゥーンシェーダー

Unityは最初からトゥーンシェーダーが入っているので、面倒な法線反転とかやらなくていいので楽です。

unity_model_4_01.jpg

Hierarchyからモデルのオブジェクトを選択するか、FBX内のモデルを選択すると、マテリアルが表示されます。

unity_model_4_02.jpg

「Assets」→「Import Package」→「Toon Shading」を選択。

インポート内容を確認するウィンドウが開くのでとりあえずそのまま「Import」を押す。

unity_model_4_03.jpg

それぞれの「Shader」を変更する。

unity_model_4_04.jpg

「Toon」→「 Basic Outline」を選択。

線がいらない場合は「Basic」

unity_model_4_05.jpg

線が太いので「Outline width」を調節。

unity_model_4_06.jpg

足ぶら



ニコニ立体にUnityでアップしたよ。水着の娘。

足ぶらぶらさせてます。

集中線

LazyNezumiProはマンガやアニメの集中線の処理に重宝します。
私は主にそれが目的で購入しました。

まあ集中線なんて他のソフトでもできるけど、
LazyNezumiProだとPainterでも使えるからね。



Painterでとりあえず集中線。
radial line(constraint-radial line)で中心点を指定し、シュッシュッっと線を引いていきます。

lazy_shuchu02.jpg

密度を上げて・・

lazy_shuchu03.jpg

ブレンドでこする。こういうぼかしブラシにも有効です。
アニメで多い効果ですね。

lazy_shuchu04.jpg

完成。
プロフィール

Author:鱒木
鱒の屋の人

3Dギャラリー
ムービー

YouTube(鱒の家Ch)
vimeo

twitter

カテゴリ
UV (4)
LWCAD (4)
UV (1)
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
タグ

unReal 3Dアニメ リグ plg_IK 謎キャラ FiberFX LW9.6 ボーン joint UV ノード編集 タカアシガニ HyperVoxels メカ Omega photoshop PSD_Export Dielectric KDP softFX 爆発 ZBrush 質感 柱上変圧器 背景 ClothFX Illustrator OGO_Taiki HardFX plg_make_uv_edit C_Worm_Lt Instance HD PX_PoLift 

最近のコメント
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
販売中
最新ムービー
ブログ内検索
RSSフィード
 


paperwhite-assoc-d-JP-120x150.gif
Kindle Paperwhite