記事一覧

ZBrush4 R2 (2)

Dynameshつづき。R2にいやにたくさんあるinsert系ブラシ。Dynameshはinsert系ブラシを使って本領発揮だと思います。InsertCylinderブラシDynameshの球体の上でInsertCylinderブラシを使うとこのように円柱が埋まった状態で配置され球体部分はマスクがかかった状態になります。この状態ではまだ融合していません。移動や回転、変形ができます。最終的に融合させますが、まず Maskingタブでclearボタンを押すか、例によってCtrlを押...

続きを読む

ZBrush4 R2

・Dynamesh基本的な使い方をメモっておきます。(2011/09/26)オブジェクトをポリメッシュとかにしてから、Geometryタブ内のDynameshボタンを押すとDynameshに変換されます。とりあえず今回はZbrush起動の時におそらく表示されると思われる、Dynameshと名前のついたオブジェクトを使います。Moveでひっぱり出します。ポリゴン表示させるとこんな風にポリゴンが伸びてしまっているのがわかります。Dynameshボタンの下にある「Add」ボ...

続きを読む

「技の旅人」公開中

私もスタッフとして参加させていただきました、漫画家の松江名俊さん監督3Dアニメーション「技の旅人」がクラブサンデーで公開中です。http://club.shogakukan.co.jp/kod/wazanotabibito.html低解像度ですが全編見ることができます。あと今週のサンデーに「技の旅人(前編)」の読みきりも掲載されています。こちらはアシスタントをやっています。漫画のアシスタントなんて10年ぶりくらいでしたが、今回はコミスタでのアシで(デジ...

続きを読む

胸当て

鎧を作るため、胸当てのあたりを3Dcoatでリトポ。リトポ→エクスポートからobjで形状を書き出す。Lightwaveでobjを読み込む。ここから、厚みをつけたり、サブパッチ(サブデビ)をかけたりする。ここまでできた。...

続きを読む

遠隔操作

肘の回転(ひねり)は、肩のジョイント(バンク)を回転させれば制御できるのだけれど、ジョイントは選択しづらいので、腰の横にあるNullと同期させてコントロールする。こういうことは、今までだとFollowerを使ってやっていたのだけれど、最近のLWならモーションオプションで設定することで、もっと楽に遠隔操作できる。肩のジョイント(R_shoulder)を選択し、モーションオプションを開く。「回転」タブの「回転アイテム」にコント...

続きを読む

月別アーカイブ

FC2カウンター