記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ボーンキャプチャ

Houdini16から、Boneまわりがいろいろ変わりました。おさらいも兼ねて、簡単にやり方を書いておきます。オブジェクトを用意して、Rigging→Boneをクリック。Boneツールは適当にボーン描いてもだいたいオブジェクトの中心に配置してくれるようになった。指のボーンなんかが処理しやすいという話。ただ、曲がる方向を考えないといかんので、結局のところ上や横の平面ビューでやることになると思いますが。平面ビューだと結構正確に真...

続きを読む

マフラー

マフラー。Lightwaveでおおざっぱに形を作り、ZBrushでスカルプト。そのあと3Dcoatでリトポして、Lightwaveに戻して仕上げ。という流れ。Substance Painterでマテリアルを当てる。Houdiniでレンダリング。...

続きを読む

囲炉裏と女の子(Houdini)

Houdiniで女の子モデルを追加してレンダリング。...

続きを読む

囲炉裏と女の子

囲炉裏に女の子を追加したモデルをSketch Fabにアップ。 Fireplace and girl by sakana0147 on SketchfabPBR質感のシーンにトゥーンなモデルをのせられるのか不安だったがうまくいった。basecolorではなくemissionの方にテクスチャを設定。ラインは例によって法線反転。...

続きを読む

Substance Painter → Houdini

Substance Painterで作ったPBRのテクチャをHoudiniで適用します。HoudiniはPBRに対応してるので、同じ質感で再現できるはずです。Substance painterのエクスポートからテクスチャを書き出します。BaseColorとNormal、Roughnessあたりがあれば十分だと思います。金属っぽいものがあるならMetallicも。HoudiniのMantra Surfaceにテクスチャを設定したのですがどうにもうまくいかない。Roughnessがダメで濡れ濡れな質感になってしまう...

続きを読む

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。