記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Decimation Master

Zbrushのポリゴンリダクションプラグイン、
Decimation Masterを試す。

sazae01s_20090618201538.jpg

前に作ったサザエ。30万ポリ。




まずPre-processを実行する。コレの場合「Pre-process current」を押す。
少し待ち時間があって、終わったら、「%of decimation」のとこに
パーセンテージを入力して、「Decimate Current」を押す。

sazae02s.jpg
5%で実行して、ポリゴンは10分の1の3万ポリになった。
ぱっと見だとほとんどわからない。

sazae03_20090618201547.jpg

まあ、拡大するとガタガタしている。

sazae04s.jpg
ポリゴン表示。

んで、objで書き出してLightwaveに読み込む。
データは3Mくらいなのでたいしたことはない。

sazae06s.jpg
これは3%に縮小した2万ポリくらいのモデル。
縮小してるのでわからないが実際見るとかなりガタガタしてる。
(クリックすると拡大)
とはいえ、ある程度離してレンダリングすれば気にならないので、十分使える。

sazae07s.jpg

レンダリングするとこんな感じ。
案外、ディスプレイスメントやノーマルマップよりも再現性はいいかもしれない。
細かい部分がそれらしく見えるのがイイ。

コメント

Decimation Master の使い方

どうもはじめまして、造形屋をやっておりますmushibuchiともうします。

Decimation Master の使い方が分からなかったのですが、解決しました!

ありがとうございました。

Re: Decimation Master の使い方

はじめまして。

けっこういいかげんに書いてたんですが、参考にしていただけたのなら、なによりです。

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。