記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプライン



曲線ツールのスプラインも、プレビュー表示されるようになりました。

これも「インポート」と同じように所定のフォルダにオブジェクト
を入れておくと、スプラインとして使うことができます。
まあ、これは以前からできたみたいですけどね。

spline_02.jpg

こんな感じでオブジェクトを作ります。Y軸にそって曲線が形成されるので
それに合うようにします。配置はたぶん中心にすればいいです。

重要なのはオブジェクトのサイズで、大きすぎると激重になるし、小さすぎると
ガタガタになります。ここらへんの調整が難しいです。
元々入っているオブジェクトを基準にして調整すると良いです。

spline_03.jpg

3DCoatのフォルダ内の「VoxStamps/Splines」フォルダにobjを保存します。
プレビューにはこのように表示されます。

spline_04.jpg
曲線を作って

spline_05.jpg

プレビューのアイコンをクリックすると、曲線に反映されます。
「適用」を押して確定。

spline_06.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。