記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Houdiniリグ(1) -ボーン-


需要あるかわからんけど、Houdiniのリグの事メモっていこう思います。


HoudiniはApprenticeっていう無料版もあるので、試してみるのもいいかも。
http://www.sidefx.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=25

リグについて以前簡単にまとめたものはこちら。
http://sakana0147.blog53.fc2.com/blog-entry-806.html

(2017/2/27追記)
※Houdini16からボーンのキャプチャ方法が変わったので下の記事も参照してください。

ボーンキャプチャ
http://sakana0147.blog53.fc2.com/blog-entry-915.html



houdini_bone00.jpg

モデルはLightwaveで作ったものを読み込んでいます。
外部からモデルを読み込み、マテリアルの設定するまで。
http://sakana0147.blog53.fc2.com/blog-entry-871.html

おおまかな流れ。

ボーン入れ
キャプチャ
ウェイト(範囲指定&ペイント)
リグ組み

○ボーン入れ

まずはボーン入れ
試しに腕にボーンを入れてみます。

スペース+「2」で上からの画面にします。

houdini_bone01.jpg

Riggingタブの「Bones」をクリック。

houdini_bone03.jpg

腕の根本→肘→手首とクリックして、最後にEnterを押します。

お約束ですが、曲がる部分は少し曲げておきます。モデルの方も。

houdini_bone03_.jpg

これで、3つのノードが作られます。
根本にはNullが作られていて、移動とかIKを設定した時には軸回転に使えたりします。

houdini_bone04.jpg

houdini_bone05.jpg

パース画面に戻るとボーンが地面に落ちていたりしますが、
先程作られたNullを移動して腕に合わせます。
ボーン自体は回転と一方向の拡大しかできなくて移動はできなかったと思う。

○ボーンを追加する場合。

houdini_bone06.jpg

「Bones」ツールで追加したい手前のボーンをShiftクリック。

houdini_bone07.jpg

そこから続けてボーンを作ることができます。

○浮遊ボーン

houdini_bone11.jpg

こういう宙に浮いてるボーンを作る時は

親になるボーンをCtrl+中クリック。そこからボーンを作っていきます。

houdini_bone13.jpg

とりあえずこんな感じで。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。