記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Houdiniリグ(4) - IK -


IKの設定はいくつか方法があります。


・ボーンに最初から組み込む

houdini_IK_01.jpg

Rigging→「Bones」ツールを押し、右クリックで「Inverse Kinematics」を選択。

あとは普通にボーンを作ります。

houdini_IK_02.jpg

腕ならこんな感じで。ボーンを作ります。最後にEnter。
IKの設定されたボーンは形状が変わります。

houdini_IK_03.jpg

これで、IKの設定された腕のボーンができました。ボーンの先端にはコントロール用のNullが作られます。

あと「KIN Chops」っていうIKの設定ノードが入ったネットワークが作られます。


・あとからボーンにIKを設定する。

まあ普通はこっちだと思います。

houdini_IK_04.jpg

Rigging→「Bones」ツールを押し、右上の選択ボックスから「Inverse Kinematics」を選択。
(右クリックで選択でも同じです。)

さらに右クリックで「Add Kinematics」を選択します。

houdini_IK_05.jpg

IKの最初になるボーンを選択してEnter。次にIKの最後になるボーンを選択してEnter。

houdini_IK_06.jpg

これで、ボーンにIKが設定され、ボーン先端にコントロールNullが作られます。

IKは一方向にしか曲がらないので、IKの根本で軸回転をさせる必要があります。
これもいくつか方法があるのですが私的には、IKボーンの根本にNullを付けて回転させるのが楽だと思います。

houdini_IK_08.jpg

Nullを作ってIKボーンの親にします。

houdini_IK_07.jpg

この根本のNullでIKで曲げた腕などを軸回転させます。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。