FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロシージャルモデリング(6)


○パラメータをnullにまとめる

このビルの高さはpolyextrudeノードのdistance、縦横のサイズはgridノードのsizeで調整します。
これくらいならいいですが、パラメータが多くなるとどこに何があるのか探すのは面倒です。

pro_building_5_01.jpg

そこで、Nullの上に新しくパラメータを作ってこれらをまとめます。

Intro To Procedural Modeling // John Moncrief
https://www.youtube.com/watch?v=fAmjnJAuvp0&index=39&list=WL


前にも紹介しましたが、こちらの動画にやり方があります。(16分ぐらいから)


いちおう簡単にやり方を書いておきます。

pro_building_5_02.jpg

適当にnullを作ります。

pro_building_5_03.jpg

nullを選択して、右上ギアアイコンをクリック。「Edit Parameter interface」を選択。

pro_building_5_04.jpg

このびっちりと項目の並んだウィンドウ見ると、それだけであきらめたくなるかもしれませんが、
2、3の項目を覚えれば大丈夫です。

左にいろいろなパラメータの種類があって、真ん中がNullのパラメータになります。


とりあえず覚えておけばいいのは、FloatとInteger。これだけで十分です。あとはフォルダくらい。

Float 0.015・・とか小数ありのパラメータ。長さとか縦横の幅とかに使います。

Integer 整数のパラメータ。階数とか柱の数とか。あと0,1でスイッチのON,OFFにも使います。


正直いうとこれ以外のパラメータは使い方がわからないんですけど、とくに困ることはなかったです。

左の項目から真ん中にドラックして、Applyを押せばnullにパラメータが作られます。



pro_building_5_05.jpg

パラメータに名前を付けるのも忘れずに。


pro_building_5_05_.jpg

Nullに「高さ」のパラメータができました。

pro_building_5_06.jpg

数値を入れてパラメータを右クリック。「Copy Parameter」でコピー。

pro_building_5_07.jpg

高さはpolyextrudeノードのDistanceの数値なので、これを右クリックして「Paste Relative Reference」でペースト。

pro_building_5_08.jpg

これでパラメータの関連付けができました。

pro_c_null.gif

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。