記事一覧

プローシージャルな体育館

プロシージャルな体育館。アーチ屋根。学校作ってるんですよ。屋根は半円のcircleをベースにしてるので、分割減らしたら三角屋根もいけちゃったという感じ。...

続きを読む

プロシージャルモデリング(5)

○エクスプレッションで屋根をつける屋根を付けるのはもっと簡単な方法がありますが、エクスプレッションのサンプルということで。エクスプレッションというととっつきづらいイメージがありますがHoudiniのエクスプレッションはそんなに難しくはありません。基本はコピペなんで。ビルの壁の上に箱をのせるだけですが、大きさやら階数に合わせて、変化させる必要があるので簡単にはいきません。まずは屋根にするためのBOXをこんな形...

続きを読む

プロシージャルモデリング(4)

○プロシージャルなビルの作り方プロージャルなビルというのは、後からパラメータをいじることで、窓の大きさとか階数とかを変えることができるモデルです。できるだけ簡単に作ります。グリッドを作ります。polyextrudeで押し出し。これが壁になります。Distanceが高さ。Divisionは階数になります。壁だけを作りたいので「Extrusion」タブの「Output Front」をオフにして、天井ができないようにしています。Boxで窓を作ります。後で...

続きを読む

Rounded edge(2)

Rounded Edgeの別の使い方。16.5の新機能紹介にありますが、こういう隅の塗料がはがれた感じ。Rounded Edge vopはマテリアルパレットには見当たらないのですが、/matでTabキーを押し、RoundedEdgeを選択すれば使えます。このRoundedEdgeをオブジェクトにドラッグすればマテリアルに設定されます。レンダリングするとこんな感じ。ビデオ見るとこんな風に使うようです。マテリアルAにRoundedEdgeでマスクをかけ、エッジ部分にマテリ...

続きを読む

Rounded edge

Houdini16.5の新機能、Rounded Edgeがすごいです。Rounded Edgeはいくつか使い方があるのですが、Principledシェーダーのオプションで使う場合です。オブジェクトの方は何も処理はしてませんがレンダリングするとエッジが丸くなっています。まあこれくらいなら、昔LWにもそういうプラグインがあったりして、そんなに驚くほどではないですが、驚いたのはこれです。これはただオブジェクトを重ねているだけですが、レンダリングする...

続きを読む

プロシージャルモデリング(3)

ここんとこHoudiniのプローシージャルモデリングにハマっていて、ビルとか建物とか作っています。そろそろメモ用に記事を書いていこうかと思ってますが、とりあえず参考になったチュートリアル動画を貼っておきます。【CEDEC2014】Houdini EngineとHoudini Indieによるプロシージャルコンテンツ作成階段の作り方が参考になる。(11分くらいから)Intro To Procedural Modeling // John Moncriefnullにパラメータをのせる方法はこの...

続きを読む

プロシージャルモデリング(2)

プロシージャルなビル。その2。デフォームとマテルアルを追加。いろいろ改良してます。...

続きを読む

月別アーカイブ

FC2カウンター