記事一覧

ローポリにハイポリをベイク

Substance Painterでローポリモデルにハイポリモデルをベイクします。つまりハイポリに見えるローポリをつくります。ローポリモデルを用意します。ZBrushで細部をスカルプトします。尻。髪も。作業が終わったら、ハイポリモデルをobjで書き出します。Substance Painterでローポリモデルを読み込み、ベイクの設定でハイポリモデルを指定し、「Bake ~ texture」をクリック。このように、ノーマルマップが生成され、細部が焼き込ま...

続きを読む

Principled Shader

Houdini16からPrincipled ShaderがHoudini標準のマテリアルになったようです。HoudiniでマテリアルといえばMantra Surfaceでしたが、パレットから消えてしまいました。(classicシェーダーに名前が変わった。/matで使うことができる)Principled ShaderはMantra Surfaceと機能はほとんど変わらないですが、Substanceなどで作ったPBRテクスチャを使うことができます。まずPrincipled Shaderでちゃんとした結果を出すには、AreaLight...

続きを読む

自転車

自転車。なんかいろいろやってたわりには、結局何も記事書いてなかった。...

続きを読む

Houdiniのリグ(2017) 5.キャプチャ

○ボーンキャプチャキャラクターオブジェクトがボーンで変形するように、セットアップします。このことをHoudiniではキャプチャといいます。キャプチャはHoudini16でだいぶ変わっています。こちらの記事も参考にしてください。http://sakana0147.blog53.fc2.com/blog-entry-915.htmlRiggingタブの「CaptureGeometry」をクリック。まずキャラクターオブジェクトを選択してEnter。次にセットしたい一番上の階層のボーンなりnullなりを...

続きを読む

Houdiniのリグ(2017) 4.ミラーコピー

○ミラーコピー左半身にボーンを入れたので、これをミラーコピーで右半身にコピーします。本当はIKを設定してコントロールNullを作った後にミラーコピーした方がいいのですが、今回はここでやっておきます。Modifyタブ→「Mirror」をクリック。ミラーコピーするボーンを選択します。ノードをまとめて選択するのが早いでしょう。選択すると、対称になる部分にガイドが表示されます。あと忘れてはいけないのが名前です。L_armのコピー...

続きを読む

Houdiniのリグ(2017) 3.ボーン入れ(指)

○指のボーン上からのビューでボーンを作りたいところですがボーンの曲がる方向を考えると横からのビューで入れた方がいいかと。だいたいでいいのでボーンを入れます。これをとりあえず中指のボーンとして、ボーンに名前をつけます。(L_mid)ボーンツールでポイントを移動して中指に合わせます。デフォでスナップがかかる状態だと邪魔になってうまくいかないと思います。右上のPlacementを「Freehand」にしましょう。Houdini16から...

続きを読む

Houdiniのリグ(2017) 2.ボーン入れ

○ボーン入れ前にも書きましたが基本的なボーンの入れ方。まずRiggingタブのBonesをクリック。腕を例に。スペース+「2」で上からの画面にします。曲がる方向に対し垂直の視点(でいいのかな?)でボーンを描きます。曲がる方向が描いた位置によって決まります。houdiniのボーンは一方向にしか曲がりません。腕の根本→肘→手首とクリックして、最後にEnterを押します。曲がる部分は少しだけ曲げておきます。重要です。Houdini16からス...

続きを読む

月別アーカイブ

FC2カウンター